無料メール相談
ネットでご予約
 
インプラント治療とは
インプラント治療とは
検査機器
虫歯や事故など様々な要因により人は歯を失います。1本だけ失う場合や、並んだ何本かを失う場合もあります。また、上顎や下顎の全部の歯がなくなってしまうこともあります。
失った歯が1~2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」などの義歯が適用されることが多く、全部の歯がなくなった場合には、総入歯を作るのが一般的な解決法として普及しています。しかしブリッジや差し歯の場合、多くの不自由や問題があります。このような問題を抱える患者様のために、研究、開発されたのがインプラント(人工歯根)による治療です。歯は目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への影響がなくなります。顎の骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。インプラント治療は、歯を失ってお悩みの患者様から、悩みを解消する有効な方法です。
 
 
インプラントによる歯の再生治療
オッセオインテグレーションの研究結果
チタンに対して骨が拒否反応を起こさず、時間の経過とともに強く結合することを発見知ったのは、スウェーデン・イエーテボリ大学のP-I.ブローネマルク博士でした。
この特性は「オッセオインテグレーション※」と名付けられ、博士はその後13年間、医療の場で安全に使用できるよう研究を重ねました。最初の患者にインプラント(人工歯根)が埋め込まれたのは、1965年で、このインプラントは現在も患者の義歯を支えています。チタンを利用したインプラントは世界中に広まり、140万人を超える患者に適用され、多くの論文でその有効性と安全性が報告されています。
※オッセオはラテン語で「骨」、インテグレーションは英語で「結合」を意味します。
 
 
歯が足りない部分にインプラントを埋め込みます   インプラントが入りました   歯肉もキレイに治っています
 
治療方法の比較
インプラント(人工歯根)
メリット
  1. 自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
  2. 周りの歯を傷つけません。
  3. 見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
  4. インプラントがあごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。
デメリット 
  1. 歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
  2. 強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
  3. 歯触りがにぶいです。
  費用 現在、保険制度はありません。
費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同じ程度です。
治療本数、部位などによって費用は多少異なります。先生と御相談ください。
 
入れ歯(義歯)
メリット
  1. 一般的な治療ですから、比較的簡単に治療が受けられます。
デメリット 
  1. かみ心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もあります。
  2. 入れ歯に違和感を感じることがある方がいます。
  3. 発音がうまく出来ない場合や、見た目も良くない場合がある。
  費用 保険の適用されるものもあります。
見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。
 
ブリッジ
メリット
  1. 費用をかければ、見た目の仕上がりもよくなります。
デメリット 
  1. ブリッジを固定するために、歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります。
  2. 歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。
  3. 発音に問題のある場合があります。
  費用 保険の適用されるものもあります。
見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。
 
 
 
Copyright © 2017 bright dental care allright reserved.